膿栓 イソジン 重曹 効果

膿栓対策として効果的なイソジンや重曹

スポンサーリンク

膿栓とは、喉の奥から出てくる球状の膿です。
風邪をひくと、鼻水やタンが出るようになりますが、これは免疫力によって撃退されたウイルスの塊です。
体内に残しておくと、それをエサとして、元気なウイルスが増殖することがあるので、そのため体は鼻水やタンとしてそれを排出しているのです。
そして膿栓も、この鼻水やタンと同じ、死んだウイルスの塊です。
体には、外部から頻繁にウイルスが入ってきています。
強いウイルスの場合は体内で増殖し、風邪などの症状をもたらしますが、弱いウイルスの場合はすぐに撃退されます。
しかし勢いが弱い分少量なので、鼻水やタンのようにさかんには出てきません。
そのため喉の奥で球状に固まり、ある程度大きくなってから排出されるというわけです。

スポンサーリンク

 

 

鼻水が鼻に詰まっていると、不快な匂いが生じてきます。
そのため鼻水と同じものでできている膿栓もまた、不快な匂いを生じさせます。
しかも球状に凝縮されているわけですから、つぶした時には鼻水以上に強い匂いが発生することが多いです。
口臭の原因にもなるので、膿栓対策をおこなっている人は多くいます。
もとがウイルスですから、対策としてはイソジンなどのうがい薬で喉を消毒することが効果的です。
また、ウイルスはタンパク質からできているので、タンパク質を分解する性質のある重曹でうがいをすることも、効果的とされています。
イソジンまたは重曹で喉を洗うことで、ウイルスが除去されれば、膿栓はできにくくなります。
もちろんそのウイルスの増殖による風邪などの感染症も、防がれやすくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を予防する薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
うがい薬による膿栓への効果
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓除去における鼻うがいの効果について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方はいろいろありますがうがいで取ることができます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
1日2回のうがいなどといった膿栓対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しようについてです。
膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の予防にうがい薬を用いて効果的に対処しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を取る時の裏ワザ!「鼻うがい」の効果を試そう!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は色々あれど安全さでおススメはうがいで取る方法!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。