膿栓 うがい薬 効果

うがい薬による膿栓への効果

スポンサーリンク

口臭の原因にもなる膿栓は一般的に臭い玉と呼ばれていて、乳白色の小さな塊のことです。
のどの奥の小さな穴に出来ることが多く、くしゃみやうがいをした時にポロっとでてくることがあります。
のどの周りは粘膜などでしっかりと保護されていて、細菌やウイルスなどが侵入しないように守ってくれています。
万が一これらが侵入しようとすると、体の防御機能が働いて細菌などと戦ってくれて、その死骸などが小さな塊となったものが膿栓です。
口臭の原因になりますから見つけたら取ってしまいたいところですが、綿棒などで無理に取ろうとするとのどや粘膜を傷つける恐れがありますから、安全な方法で取るようにしましょう。
のどの奥までしっかりとうがいしたり、頻繁に出来るようなら耳鼻科へ相談しに行くのもおすすめです。

スポンサーリンク

 

 

膿栓を安全に取る方法として効果があるのがうがい薬です。
殺菌性に優れているうがい薬は、体内に侵入しようとする殺菌やウィルスをしっかりと退治してくれます。
また、口臭を予防する効果もありますから、膿栓ができやすい方は定期的に使用するのが良いでしょう。
のどの奥の方にできやすいですから、うがいをする時にはしっかりと奥の方までうがい薬が行き渡るようにすると効果的です。
口をあの形やおの形にして大きく開けてうがいすると、やりやすくなります。
しっかりとうがいをして吐き出した時に、一緒に臭い玉がポロっと取れることがああります。
のどを傷つけずに安全に取れますから、習慣的に行うと良いでしょう。
また、うがい薬には殺菌効果がありますから、膿栓を予防する目的で使用するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を予防する薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓対策として効果的なイソジンや重曹
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓除去における鼻うがいの効果について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方はいろいろありますがうがいで取ることができます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
1日2回のうがいなどといった膿栓対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しようについてです。
膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の予防にうがい薬を用いて効果的に対処しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を取る時の裏ワザ!「鼻うがい」の効果を試そう!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は色々あれど安全さでおススメはうがいで取る方法!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。