膿栓除去における鼻うがいの効果について

スポンサーリンク

咳やくしゃみなどをした際に、喉の奥から飛び出してくる白い塊。
つぶしてみると強烈な悪臭を放つそれは、一般的に「臭い玉」などと呼ばれていますが、正式には「膿栓」と呼ばれます。
では膿栓とはそもそも何で、どのような成分で出来ているのでしょうか。
喉の奥には細菌やウイルスの体内への侵入を防ぐための扁桃腺という器官があります。
扁桃腺には多数の小さな穴が開いていて、そこに細菌やウイルスの死骸、さらに食べ物のカスなどがたまっていきます。
これらが主な成分となっています。
それらを餌に口の内部に居る常在菌が増殖して悪臭を放つようになります。
この膿栓はかなり強烈な悪臭を放つため、口臭の原因となる場合もあります。
出来る頻度や大きさは個人差があって、中にはできたことが無い人なんかもいます。
ただ可能性という意味では、誰にでも出来る可能性はあるのです。

スポンサーリンク

 

 

膿栓自体には人体に悪影響を及ぼすなどの害はありません。
そのため、自分で無理に取り除く必要はありません。
無理に取り除こうとすると、かえって喉の粘膜を痛めてしまう可能性もあります。
ただ口臭の原因になる場合もあり、さらに喉がイガイガしたしたような不快感を感じる場合もあります。
では、喉に負荷の少ない方法で、効果的に排出させる方法はあるのでしょうか。
膿栓は喉の奥に存在しているため、普通にうがいしたくらいではなかなか排出されません。
しかし、鼻うがいであれば排出される場合もあります。
通常の鼻うがいと同様に、生理食塩水を使用して鼻から水を通します。
やれば必ずとれるというわけではありませんが、効果的な方法ではあります。
注意点としては、あんまり何度も鼻うがいをしていると、粘膜が荒れてしまうので、やりすぎないことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を予防する薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓対策として効果的なイソジンや重曹
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
うがい薬による膿栓への効果
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方はいろいろありますがうがいで取ることができます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
1日2回のうがいなどといった膿栓対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しようについてです。
膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の予防にうがい薬を用いて効果的に対処しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を取る時の裏ワザ!「鼻うがい」の効果を試そう!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は色々あれど安全さでおススメはうがいで取る方法!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。