膿栓の原因はストレスから

スポンサーリンク

 膿栓(のうせん)という言葉をご存知でしょうか。
咳などをした際に、時々小さな白い塊が口から出る事があります。
臭いは非常に悪いものです。
これは扁桃腺修正についたもので、そのため、口臭の原因の1つになる場合も存在します。
 では何故、この膿栓が発生してしまうのでしょうか。
その理由をご紹介したいと思います。
 そもそもこの膿栓はどのようにして発生するのでしょうか。
口の中には意識することなく、小さなホコリ等が入ってきます。
それをブロックするために、扁桃腺の周りには粘度の高い免疫物質が分泌されています。
そこに細菌などが付着してしまった場合、それが塊となり膿栓となってしまうのです。
つまり、どのような人にも出来てしまう可能性はあるのです。

スポンサーリンク

 

 

 通常出来てしまったとしても、唾や飲食、咳などによって取り除かれてしまいます。
そのため、普通の場合は特に意識することなく、除去が出来ています。
 しかし、ストレスが多い場合、唾の出方が悪くなる場合があります。
そうなると、唾によって流される事がありません。
そして厄介なのは、膿栓は1つ出来てしまうと、その出っ張り部分から新しい物が生まれてしまう所です。
このように、1つの原因からあっという間に出来やすくなってしまうのです。
 ストレスを無くす事が難しい場合は、頻繁にうがいする事をお勧めします。
自分で取る事も可能ですが、他の部分を傷つける恐れもあり、おすすめできません。
まずは、うがいを多めに行って、除去するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓のできる原因の背景にはストレスが隠れている!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の原因の1つに疲れがあげられます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来やすい原因は身体の悲鳴?疲れ?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。