膿栓 見えない 臭い

膿栓は表からはよく見えない場所に潜んで猛威を奮う臭いの原因!

スポンサーリンク

膿栓は表からはよく見えない場所に潜んで猛威を奮う臭いの原因!

 

皆さんはこのような経験をしたことはありませんか?
・このごろなぜだか口が異常に臭い
・口臭がいつもとは違う臭いがする
・歯磨きをしても口臭が消えない

 

一般的に口臭といえば虫歯や歯周病を疑いますが、実はその原因はさまざまです。先ほどのような経験を持つ方は、喉の奥に「臭い玉」が詰まっている場合もあるのです。臭い玉は、正式名称を「膿栓(のうせん)」と言います。今回は、意外に経験者も多い膿栓が、いったいどんなものなのかご紹介致します。

 

【膿栓とは?】
膿栓の実体は、扁桃腺の表面にある沢山のくぼみに、口の中のゴミが集まったものです。つまり白血球の死骸と、大腸菌や歯周病菌などの細菌が何億個も集まったものや、食べかすなどです。これらが時間が経過するにつれて硬くなり、固形物になったものなのです。

 

鏡で確認してもよく見えないところにあり、多くの方は気付かないかもしれません。しかし、固形物となってくぼみに付着した膿栓は、咳込んだときなどに、自然に取れることがあります。また、過去に膿栓が出来た経験のある人は、自分で取り出す場合もあります。

 

【どんな形をしているのか】
出てきた膿栓の形はピーナッツの破片に似ているとされてます。大きさは1mmくらいから数pくらいと、その時々により様々です。色は一般的に乳白色や黄白色なので、ピーナッツに例えられることが多くなります。

 

【なぜ口臭が臭くなるのか?】
膿栓は臭い玉と言われるだけあって、その臭いはとにかく強烈です。その理由についてご説明しましょう。

スポンサーリンク
 

膿栓は細菌などの死骸から出来ています。これを餌にして、口内の細菌が膿栓の周りにたくさん繁殖します。これは細菌の死骸を分解する際、悪臭のするガスを発生させるのです。このガスによって口臭がきつくなるのです。

 

■膿栓による口臭はどんな臭い?
膿栓による口臭は、どんな臭いかと聞かれます。例えるのは難しいですが、次のような臭いだと言われています。

 

・ドブや下水道の臭い
・ニラやニンニクの臭い

 

■どうやってケアするべきか
・歯磨きとうがいをしっかり行う
・国の中を乾燥させない
・耳鼻科で除去してもらう

 

このような方法がおすすめです。

 

あなたの口臭についての悩みの原因は、「膿栓」の仕業かもしれません。原因が分からずに悩んでいた人は、見えない口の中の細菌が元凶だと分かればホッするでしょう。正しくお口の中をケアして膿栓を取り除いてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

膿栓のできる場所はここ!気になるなら耳鼻科での検査しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所とは
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所は喉の奥です
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
臭いが気になる膿栓は見えないことも多々あります
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来てしまう場所は喉の奥の扁桃腺だった
膿栓の原因と症状と対策法についてです。