膿栓 大きい 原因 対策

膿栓が大きいと困ります!原因と対策を考えよう

 

膿栓が大きいと困ります!原因と対策を考えよう

 

喉の真ん中に突出した口蓋垂(こうがいすい)の左右にある扁桃腺があります。
その周辺の粘膜には、表面に幾つもの穴のようなくぼみがあるのです。
この中に白血球や細菌の死骸・食べカスなどが溜まってできるものが、通称「臭い玉」と言われます。
これは、正式名称を「膿栓(のうせん)」といいます。

 

普通、膿栓と言えば、皆さんはその強烈な臭いに驚かれます。
しかし時には、その大きさに驚くこともあるのです。

 

今回は、大きいサイズの膿栓のその原因や出来にくくする対策についてご紹介します。

 

【平均的な膿栓の大きさとは?】
膿栓は咳などの拍子に口から自然に飛び手で来るものです。。
また、気になって自分で取りだす人もいます。
どちらにしても、自分の膿栓に対して、その大きさに関心を持っている人が案外多いのです。

 

では、膿栓の大きさは、一体どのくらいのものだと思いますか?
およそのところを見ていきましょう。

 

ほとんどの場合が、数mm程度です。
ところが大きなものは、そら豆のような形のものもあります。
この時には、直径1pを超えるようなサイズもあるのです。
事実、その大きさを経験した人が動画で紹介していることもあります。

 

 

このように、大きい膿栓になるのにはどんな原因があるのでしょうか?
それには以下のような要素が考えられます。

 

・人それぞれの喉の構造や扁桃腺の形が異なる
・口呼吸が原因で有害物質を吸い込みやすい
・ドライマウスが原因
・オーラルケアを怠ったため

スポンサーリンク
 

 

【大きい膿栓が出来にくくする対策は?】

 

膿栓が出来るのは免疫システムの結果なので仕方がありません。
病気ではないので、それほど心配する必要もないでしょう。
しかし口臭の原因にはなります。
大きい膿栓であれば、それだけ臭いも激しいでしょう。

 

口臭を防ぐためには、定期的に膿栓ケアを行いましょう。そうすれば大きい膿栓を予防できます。
おススメは耳鼻咽喉科で行なう洗浄です。

 

また、毎日のうがいを行うのも良いでしょう。うがいには、口の中の細菌の繁殖を抑えるのに効果があります。
たったこれだけでも、膿栓が出来にくくなるのです。

 

目安は1日2〜3回です。水でも十分ですが、できればうがい薬の使用がベストです。

 

口臭の原因になる膿栓は、病気ではないですが困ったものです。大きい膿栓などが出てくることのないように、膿栓ケアで対策を行いましょう!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓が大きい原因と対策について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓がよく出る人のための原因と対策について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓がよく出るのはなぜ!?原因と対策を解説します!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。