膿栓 痛い 原因 対策

喉が痛いのは膿栓のせい?原因と対策を詳しく検証!

スポンサーリンク

喉が痛いのは膿栓のせい?原因と対策を詳しく検証!

 

臭い玉の膿栓は、自分の意思とは関係なく喉の奥に溜まって行きます。乳白色の塊である膿栓の臭いは、口臭を招くために臭いに敏感な人には厄介者です。

 

ところで、体調を崩すと喉を通るリンパ腺である扁桃腺が腫れることがあります。この扁桃腺炎は、膿栓と何らかの関係があるのでしょうか?

 

今回は、扁桃腺炎が痛い時と膿栓が、どこまで関わりがあるのかまとめます。

 

【扁桃腺炎と膿栓の関係性】
風邪を引いた時に、扁桃腺が腫れることがあります。喉が痛いと感じて間もなく、頭痛・発熱など、普通の風邪の症状が順次襲って来るのです。

 

この時は、患部が炎症を起こして赤く腫れ、これが原因で痛いと感じます。

 

これは、喉の免疫器官になっている口蓋扁桃が、ウィルスや病原菌と闘っているのです。そして、体に害がある細菌をやっつけようと免疫機能が働きます。膿栓は、この時殺された菌の残骸が集まったものです。この残骸が原因となり、強烈な異臭を放つのです。

 

膿栓も、扁桃腺表面の穴の中で発生し育ちますが、直接に扁桃炎を起こす原因にはなりません。

スポンサーリンク
 

【膿栓を無理に取ると喉を傷つける】

 

膿栓を、綿棒や耳かきで除去しようとする人がいます。しかし、安易に取ったことが原因で、扁桃腺を傷つけてしまう危険性があります。また、扁桃腺を傷つけてしまうと、リンパ腺まで傷つけてしまうのです。

 

その結果、感染の危険が高まり、重い病気にかかってしまう可能性があります。「綿棒はやわらかい」と認識しているでしょうが、扁桃腺はもっとデリケートでやわらかい部分です。無意識のうちについ、傷つけてしまい、後々になって痛い思いをすることになります。

 

そんなことにならないために、膿栓を取りたい時に耳鼻科で正しく処置してもらいましょう。これが一番安全な対策だと言えます。

 

膿栓は、誰にでもあるのに気付かないくらい自覚症状がありません。つまり、痛いということはないので、痛いのは別の理由があると考えましょう。
しかし、喉の診察は耳鼻科なので、受診するときに、膿栓のことを相談してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

関連ページ

痛いといった症状はなくても膿栓の原因を突き止め対策しておく
膿栓の原因と症状と対策法についてです。