膿栓 できやすい人 食べ物

膿栓ができやすい人は食べ物など生活改善も必要?

 

膿栓ができやすい人は食べ物など生活改善も必要?

 

皆さんは、口から白くて臭い物体が出てきた体験はありませんか?その白い物体は“膿栓”かもしれません。

 

膿栓とはいったいどんなものでしょう?できやすい人、できにくい人はいるのでしょうか?ここでは、そんな困った存在である膿栓についてまとめています。

 

【膿栓は生理現象】
膿栓の正体は、喉の扁桃腺の表面に溜まる細菌の死骸や食べ物のカスです。別称、くさい玉などと呼ばれることもあり強烈な臭気を含んでいます。
膿栓は、体内に留まっても細菌の死骸や食べ物のカスなので無害です。しかし、溜まってしまうと白い塊として臭気の元となってしまいます。よって、膿栓は、自然の生理現象であるとも言われているのです。

 

【膿栓と体調の関係】
先にご説明したように、膿栓は細菌の死骸です。言い換えれば、身体が細菌と闘った証拠なのです。よって、膿栓が頻繁にできるときは、体調不良の後が多いと言われています。膿栓ができやすい人は、体調や生活を振り返ってみると良いかもしれません。

 

【膿栓ができやすい人の特徴】
膿栓は、体質的にできやすい人がいると言われています。
具体的には、次のようなトラブルを抱えた人は該当するので注意が必要です。

スポンサーリンク

◆ドライマウス
ドライマウスという唾液の分泌が悪い状態は、食べ物のカスを分解しにくくします。よってドライマウスの人は膿栓ができやすいと考えられています。

 

◆ストレス
ストレスはドライマウスの原因でもあります。ストレスに対して、身体が過剰な防御体勢をとり、細菌と戦う回数が増えるのです。

 

◆歯周病や虫歯
口の中が不潔だと細菌が増殖しやすくなります。

 

【膿栓は食べ物で工夫】
膿栓ができやすい人は、次のような食べ物を摂ると良いと言われています。

 

◆乳製品や発酵食品
乳製品や発酵食品を摂りましょう。これらは、腸内環境を改善します。腸内環境は身体全体を整えるとともに、ストレス緩和にも力になります。
よって、細菌の増殖を抑えて、膿栓ができにくくなると考えられるのです。

 

◆固いもの
固い食べ物を進んで食べましょう。固いものはよくかまなくては飲み込めません。何度もかむことで、唾液の分泌を促進します。結果的には、ドライマウスの解消につながるのです。

 

膿栓の悩みは、ストレスとなり、膿栓の悪化につながってしまいます。食べ物や体調管理を見直すだけで、膿栓の予防になることを意識しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

関連ページ

膿栓ができやすい人と食べ物の関係について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。