膿栓 取り方 コツ 出し方

膿栓の安全な取り方と出し方のコツについて

スポンサーリンク

 扁桃腺付近に発生する膿栓は、自分で取る方が増えているのが最近の傾向です。
現在では水流を使用する取り方などが広く紹介されるようになっています。
より確実に取り除きたい場合には、耳鼻咽喉科を受診するのが一つの方法です。
実際、膿栓の取り方は中々難しいと言えます。
コツを覚えても場合によっては粘膜にダメージを与えてしまうことがあるため、注意が必要です。
耳鼻咽喉科では特殊な吸引器具などを使用して、医師が膿栓を取り除きます。
ですので、後に炎症などが起こる可能性も極めて低くなるのが大きなメリットです。
自分で行なった場合には、器具に付着した細菌などが原因となり扁桃腺炎を起こすリスクもあります。
取り方のコツをマスターするのは、実の所かなり困難です。

スポンサーリンク
 

出来てしまった膿栓を自然に排出したい場合には、うがいが有効です。
最近では、予防も兼ねてカテキンが多く含まれるお茶を使用した方法が紹介されるようになっています。
こういった方法は、膿栓の出し方の一つとしても活用することが可能です。
うがいの際に除去が出来れば、炎症を起こす心配も少なくなります。
特に避けたい出し方としては、綿棒などの先の尖った道具を使用する方法が挙げられます。
この手の道具はコントロールを誤ると効果がないばかりか、粘膜を傷つける恐れがあるのが問題です。
出血などが起こる可能性もあり、危険な行為となり得ます。
扁桃腺の周辺は実の所かなりデリケートな部位であるため、極力刺激を与えないことがポイントです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

シャワーでの膿栓の取り方
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
臭い膿栓の取り方は?シャワーは効果的なのでしょうか?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は綿棒が良いって本当?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の除去に役立つのがデンタルシリンジです
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
デンタルシリンジで気になる膿栓を安全に除去できる?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
綿棒を使った膿栓の取り方
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
デンタルシリンジで膿栓を除去 膿栓 取り方 コツ 出し方 綿棒
膿栓の原因と症状と対策法についてです。