膿栓 予防 薬

膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう

 

膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう

 

【膿栓とは】
どうしても、気になる口臭の原因は、膿栓かもしれません。別名を臭い玉などと呼ばれる膿栓は、喉の奥にある扁桃腺に発生するものです。
咳をした時などに、喉の奥から出てくる微細な球状の塊を、見たことはないでしょうか。

 

扁桃腺の表面には、腺窩(せんか)と呼ばれる、小さな穴が存在します。その穴の中に、侵入してきた細菌や食べ物のカスなどが溜まってしまうのです。
それらの物質が、やがて膿栓へとなっていきます。リンパ球や白血球なども、膿栓を形成する物質となるでしょう。

 

膿栓自体が、身体に対して害を及ぼすことは、ありません。しかし、放置しておくと悪臭を放ち、口臭の原因にもなります。
そのため、膿栓で悩んでいる方も、決して少なくないでしょう。

 

うっかり潰してしまうと、強烈な悪臭を放つのが、膿栓です。膿栓は、実は特別な病気などでは、ありません。
誰もが、扁桃腺に膿栓を持っている場合がほとんどです。多くの方の場合、気づかないうちに膿栓を排出しているとされています。

スポンサーリンク
 

【膿栓を予防する】
膿栓の予防法として、扁桃腺を切除するという選択肢があります。しかし、大事な免疫器官である扁桃腺を切除すると、様々な問題が出てくる恐れがあるのです。そのような考え方からも、膿栓予防のために扁桃腺を切除するのは現実的ではありません。

 

時にはできてしまった膿栓を、自分で無理やり取り除こうとされる方もいます。自然に取れればいいのですが、自分で取り除く方法は、意外に危険です。

 

場合によっては、扁桃腺などを傷つけてしまうこともあるでしょう。扁桃腺は、思われてる以上に、繊細な器官です。
誤って、傷をつけてしまわないように十分に気をつけることが大事になります。

 

残念ながら、膿栓は一度取れたとしても何度でもできてしまいます。特に冬の季節は空気が乾燥するため、膿栓ができやすくなってしまううのです。
他の季節と比べて、膿栓の現われる頻度や量も多くなってしまいます。同じ様に、喫煙の習慣のある方も、比較的、できやすいとされているのです。

 

【殺菌効果を持つうがい薬】
 一番安心できる、膿栓の予防方法は、うがい薬で喉の奥を清潔に保つことです。特に、殺菌効果のある、うがい薬が効果的でしょう。
普段から気をつけて、膿栓予防に励まれることをオススメします。

 

膿栓は誰でも持っている細胞や食べかすが原因でできるので、病気ではありません。そのため、臭いが気になるときにはうがいやセルフケアで悪化する前に予防しましょう。しかし、喉の粘膜を傷つけてしまうのが不安な人は、耳鼻科で除去しているか確認して受診してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を予防する薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓対策として効果的なイソジンや重曹
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
うがい薬による膿栓への効果
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓除去における鼻うがいの効果について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方はいろいろありますがうがいで取ることができます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
1日2回のうがいなどといった膿栓対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の予防にうがい薬を用いて効果的に対処しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を取る時の裏ワザ!「鼻うがい」の効果を試そう!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は色々あれど安全さでおススメはうがいで取る方法!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。