膿栓 予防 イソジン 重曹 効果

膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!

 

膿栓の予防にはイソジンや重曹を用いたうがいが効果大!

 

【自分では気づきにくい口臭】
人知れず、口臭に悩んでいる方は結構います。さらに、自分自身の臭いというものは意外なほど気づかないものです。誰かに指摘されなければ、なかなか分かりません。もしかすると、その口臭の原因は膿栓かもしれないのです。

 

【異臭の原因かもしれない膿栓】
膿栓とは、臭い玉とも呼ばれることのある特殊な物体です。扁桃腺にできる膿栓は、とても強烈な臭いを放ちます。
特に、潰してしまったりすると、酷い悪臭に悩まされてしまうでしょう。

 

膿栓を形作っている主な物質は、細菌やウィルスなどの死骸です。また、リンパ球や白血球なども、膿栓の成分となります。
大きな膿栓であれば、直径数ミリほどのサイズにもなるでしょう。

 

しかし、膿栓は、厳密に言えば病気ではありません。特に、増えすぎたりしても、身体には、それほど悪い影響は出ないはずです。
膿栓の悩みで、耳鼻咽喉科を受診しても、特別な治療は受けられない場合が多いでしょう。

スポンサーリンク
 

もちろん、膿栓が多かったりする場合は、耳鼻咽喉科で除去してもらえる場合もあります。
しかし、取り除いた膿栓の後にも再び、新たな膿栓が生じることが、ほとんどです。膿栓ができる度に、取り除いたとしても、根本的な問題は解決しません。

 

【膿栓の予防】
膿栓を予防しようと思うのであれば、口腔内を清潔に保つことが欠かせません。そのためには、適度なうがいを継続することが、オススメです。
イソジンなどの殺菌効果の強い、うがい薬を用いるのも良いでしょう。

 

また、重曹を用いたうがいも膿栓対策に効果的です。重曹は、アルカリ性ですので、酸性に傾きがちな口内を中性にします。
殺菌効果も高く、膿栓の予防につながるでしょう。

 

イソジンにしても、重曹にしても、コツコツと続けることが大事です。毎日、続けて、うがいを行なうことで、効果を発揮します。

 

もちろん、イソジンや重曹のうがいだけでは、対応しきれない場合もあるでしょう。膿栓の症状が深刻すぎる場合は、耳鼻咽喉科を受診して大丈夫です。
時には、重篤な症状の前触れが、隠れている可能性も否定できません。状況に応じて、適切な対応をされることをオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を予防する薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓対策として効果的なイソジンや重曹
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
うがい薬による膿栓への効果
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓除去における鼻うがいの効果について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方はいろいろありますがうがいで取ることができます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
1日2回のうがいなどといった膿栓対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しよう
膿栓を予防するために殺菌効果のあるうがい薬を活用しようについてです。
膿栓の予防にうがい薬を用いて効果的に対処しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を取る時の裏ワザ!「鼻うがい」の効果を試そう!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は色々あれど安全さでおススメはうがいで取る方法!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。