膿栓 原因 ストレス

膿栓のできる原因の背景にはストレスが隠れている!

スポンサーリンク

膿栓のできる原因の背景にはストレスが隠れている!

 

【どこに行っても診断される膿栓とは】
 頑固な口臭に精神的にも疲れ果てて、歯医者や耳鼻科で相談すると、こんな診断をされることがあります。それぞれの体験談をもとに、診断された時の雰囲気を再現してみましょう。
 多くの場合、もし虫歯があると大変だと、近くの歯医者に行ったとします。

 

■歯医者なら
口の中を隅々まで診てもらっても虫歯が見つからないのです。そして、もしかすると喉の奥に膿栓があるのかもしれないと言われます。しかし、専門医に診てもらわないと、はっきりとは言い切れないので受診を勧められるのです。
 それまでの経緯を説明して、改めて耳鼻科を受診したとします。

 

■耳鼻科医なら
 喉の奥を詳しく診察して、白い塊を発見することがあるのです。
これが原因で、口臭に悩んでいたのだろうと診断されることが多くなります。

 

【医療危険での膿栓の説明】
 予想もしていなかった白い塊の出現に、驚いた人もいるでしょう。何が何だかわからなくて、混乱して詳しい説明を求めると、いずれの医療機関でも次のように説明されます。
 この塊は、体をむしばむ細菌が、いろいろな経路で侵入しようとした証です。その細菌の本格的な侵入を阻止するのは、人間が本来持っている免疫機能になります。フル稼働することで、次々と侵入を阻止された細菌が力尽きた死骸なのです。そのため、腐敗した物の臭いをイメージさせる結果となります。

スポンサーリンク

【膿栓の原因はストレスであることも】
 医療機関での説明で、口臭の原因は理解できるでしょう。では、膿栓のできる原因を知って対策したいと考えるはずです。その場合には、親切に原因や予防策を教えてくれます。

 

■主な原因
・デンタルケア不足
・体調不良
・ストレス

 

 膿栓は、毎日のデンタルケアで十分に取り除くことができます。歯磨きの後のすすぎや、外出から戻って行ううがいで、自然に取れているのです。
 そのほかにも、睡眠不足や栄養不足で体調不良を起こすと口の中が乾燥しやすくなります。これをきっかけに、風邪をひいてしまうことがあるのです。これらのせいで、いつもよりも口の中に細菌が留まりやすくなります。

 

【不快な症状の裏にはストレスの脅威あり】
 スムーズにデンタルケアができないのは、ドライマウスが原因のことがあります。さらに、体調不良は万病のもとである風邪が隠れていることがほとんどです。
しかし、それらの背景にあるのは、実はストレスなのです。ストレスを感じると、苛立ちが先に立ち、冷静な判断が難しくなります。そのため、好きなものを食べ過ぎて栄養が偏ることがあるのです。さらに、ストレスから身を守るために、いつもよりも頭がさえることが多くなります。よって、体が眠気を感じにくくなり、睡眠不足を引き起こします。
 このように、ストレスは、負のスパイラルの影の主役です。ストレスが体調不良をうみ、細菌を増やします。その細菌を対峙した結果が膿栓なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓の原因はストレスから
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の原因の1つに疲れがあげられます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来やすい原因は身体の悲鳴?疲れ?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。