膿栓 取り方 綿棒

綿棒を使った膿栓の取り方

スポンサーリンク

 扁桃腺のくぼみに細菌の死骸、食べ物のカスが溜まりそれが球状の塊となったのが膿栓です。
口を大きく開けて鏡で確認する事で膿栓を確認する事が出来ますが人によって様々な取り方がある様です。
一番多いのが綿棒を使用した方法ですが、扁桃腺に付着した膿栓を綿棒の先でくるくると絡め取る様に除去すると言う方法です。
しかし扁桃腺はとても柔らかくデリケートな部分でもありますから何かの拍子で綿棒で傷つけてしまったりする事で炎症を起こしてしまう原因にも繋がります。
綿棒以外にもピンセットや耳かきを使用した取り方もありますが、トラブルを引き起こす原因となる為に注意が必要です。
そして膿栓は、一度除去しても繰り返し発生する事も多く膿栓が発生しにくい環境を作る事が肝心です。

スポンサーリンク
 

 

 

自身で出来る除去方法として一番安全性の高いのはうがいです。
しかし扁桃腺に深く張り付いている場合にはうがいで取り去る事は難しい場合が多い様です。
そしてシャワーを喉の奥にかけて水圧で吹き飛ばすと言う方法もありますが、水圧により息が苦しくなり嘔吐に繋がります。
一番安全性が高く確実に除去する為にはやはり病院で除去する事が望ましくなります。
病院で除去するには耳鼻咽喉科へ受診する必要がありますが、医師によっては除去に積極的では無い場合もある様で、一度除去してもまた発生する為に除去する必要は無いと考える為です。
除去を望む場合には一度除去を行って貰えるのかどうかの確認を予め電話で問い合わせておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓の安全な取り方(出し方)のコツについて検証します!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。