膿栓 原因 疲れ

膿栓が出来やすい原因は身体の悲鳴?疲れ?

スポンサーリンク

膿栓が出来やすい原因は身体の悲鳴?疲れ?

 

風邪をひいてクシャミをしたら“口から臭い異物が飛び出してきた”という経験はありませんか?
この飛び出した物体は「膿栓」というものです。

 

膿栓は“ニオイ玉”とも呼ばれる、その名の通り大変臭い固形物です。ここでは膿栓について、そして発生する原因について詳しくご説明します。

 

【知られざる膿栓の正体とは?】
膿栓とは喉の扁桃腺に溜まる、白い固形物です。これは耳に溜まる耳垢と同じく、生理現象の1つで病気ではありません。

 

人の身体は自己免疫という力で、外から侵入しようとする細菌やウイルスと闘っています。この免疫力が細菌と闘ったあとの結果、膿栓となって発生します。膿栓は、白血球や細菌の残骸、そして食べ物のカスなどで構成されているのです。その為に大変な悪臭を放ち、口臭の原因になるとも言われています。

 

【膿栓が出来る原因は身体の疲れ?】
膿栓は身体を守ろうとする、免疫システムの結果です。よって、身体が疲れている、ストレスが溜まっていると膿栓の発生原因になることが分かってきました。

スポンサーリンク

【膿栓を予防するには?】
では、膿栓を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

◆疲れを溜めない
膿栓が出来るときは、疲れが溜まっていると考えましょう。いくら、膿栓を除去しても身体の状態が回復しなければ再び出来てしまいます。

 

◆ストレスを軽減する
ストレスも免疫力を弱めます。ですから、膿栓が出来る原因の1つと言われています。ストレスを軽減出来るような生活環境作りに心がけましょう。

 

◆風邪やインフルエンザなどに気を付ける
感染症の罹患は、免疫システムをフル活動させます。よって、膿栓が出来やすくする原因と言えます。感染症が流行している時期には、うがいや手洗いで予防することが大切です。

 

身体と心の“疲れ”は膿栓を出来やすくする原因です。膿栓は一度出来たら繰り返すことが多いため、更にストレスとなって悪循環を繰り返します。過度に気に病み過ぎることなく、予防する工夫が必要だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓の原因はストレスから
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓のできる原因の背景にはストレスが隠れている!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の原因の1つに疲れがあげられます
膿栓の原因と症状と対策法についてです。