膿栓 除去 方法

膿栓を除去するために覚えておきたい方法を紹介

スポンサーリンク

膿栓を除去するために覚えておきたい方法を紹介

 

【口臭の原因は膿栓?】
口臭の原因にも様々なものがあります。密かに口臭の原因となるのが膿栓です。病気などではなく誰もが出来る可能性を持っているものになります。

 

膿栓は、一般的に「臭い玉」と呼ばれるものです。既に、別名からして強烈な臭いを放ちそうな感じのものになります。実際、指などで潰したりすると相当な悪臭を発するでしょう。

 

喉の奥には、扁桃(へんとう)と呼ばれるリンパ組織の塊があります。それが、喉の粘膜に埋まっているのです。よく「扁桃腺が腫れる」といった表現を聞いたことがあるかもしれません。風邪を引いた時などに腫れたりする部分になります。

 

【膿栓の原因】
扁桃には陰窩(いんか)と呼ばれる微細な穴が無数にあります。そして、体内に細菌やウイルスなどの異物を入り込ませないように働くのです。このような働きによって、陰窩の中には細菌やウイルスの死骸が蓄積されます。時には、食べ物の残りカスなども溜まっていくでしょう。これらの物質が集まり、固まったものが膿栓となるわけです。

スポンサーリンク

膿栓自体は、直接、人体に悪さをする心配はありません。しかし、喉の奥に違和感があったりすると取り除きたくなるでしょう。おまけに日頃から口臭が気になるという方には心配の種になります。そのような場合、耳鼻咽喉科の受診が、オススメです。

 

【膿栓を除去する方法】
喉の奥の症状なので、耳鼻咽喉科が膿栓の専門科になります。具体的な治療方法としては吸引、及び陰窩の洗浄による膿栓の除去です。

 

気をつけなければならないのは膿栓は何度も出来てしまうということです。膿栓が出来るのは決して不自然なことではありません。誰もが無自覚のうちに膿栓を持っていることがほとんどです。膿栓が新たに出来る度に除去しなければならないでしょう。

 

中には、自身で膿栓を除去しようとされる方もいます。しかし、自己処理で膿栓を除去する方法は危険なので、おすすめできません。気をつけないと、繊細な器官である扁桃を、酷く傷つけてしまうでしょう。膿栓を除去するのであれば、専門の医師に任せる方法が確実です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓除去にかかる費用について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓とは何か、除去する方法は
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を病院で除去するためにかかる費用はいくら?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。