膿栓 放置 喉

膿栓を放置しておかずに喉のメンテナンスをしよう

スポンサーリンク

膿栓を放置しておかずに喉のメンテナンスをしよう

 

【喉に出来る膿栓とは】
喉に出来る不思議な物質、膿栓をご存知ですか。膿栓は、指で潰すと強烈な悪臭を放ちます。時には、気になる口臭の原因ともなってしまう物質です。

 

あんまり、臭いなどが酷い場合、放置して良いのか、不安になるかもしれません。そもそも、膿栓とは、どのような物質なのか、紹介しましょう。

 

風邪を引いた時などに痛める部分が、喉の奥にあります。一般的に、扁桃腺と呼ばれる部分です。喉の両脇にある丸く膨らんだ部分になります。左右に対になって存在し、直径は3cmくらいです。表面には、細かい穴が無数に存在しています。

 

【膿栓の正体】
この細かい穴に、蓄積されているのが、膿栓です。その正体は、細菌やウイルスの死骸の塊になります。多くは歯周病菌や腸からの悪玉菌などです。

 

また、食べ物のカスなども混じる場合もあるでしょう。そのような細菌が集まることで、ドブのような酷い臭いを発します。1mmくらいの膿栓には、1億から2億もの細菌の死骸が含まれているのです。

スポンサーリンク

空気中の細菌などが口の中に入ると、まずは扁桃腺にたどり着きます。この時、扁桃腺は、身体を守るための免疫器官として働くのです。リンパ球などの免疫細胞が、細菌の侵入を阻止すべく戦います。

 

喉の腫れは免疫細胞と細菌が戦っている証拠なのです。その結果、出来てしまう物質が膿栓となります。膿栓自体は、特に有害な物質ではありません。

 

【膿栓は放置しておくと危険】
問題となるのは、膿栓が出来る状態が長く続く場合です。扁桃腺での免疫細胞と細菌の戦いが長引くと気をつけなければなりません。免疫系の戦いを指揮するT細胞が誤った命令を出すからです。

 

そうなると全身の免疫細胞が無差別に攻撃を開始します。細菌以外の細胞にも影響を及ぼすのです。その結果、腎臓や関節炎、肌荒れなどの症状を招きます。膿栓を放置し過ぎると腎臓病などにつながる場合もあるのです。

 

【喉のメンテナンスをしよう】
もちろん、膿栓を自分で取り除くことも、できなくはありません。しかし、膿栓が出来る状態こそ、身体からの緊急信号なのです。通常であれば、膿栓は自然に排出されていきます。いつまでも続く膿栓は放置せずに、病院で診てもらうことも考えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を放置しても喉には問題なしです
膿栓の原因と症状と対策法についてです。