膿栓 嗚咽

膿栓を上手に取るには嗚咽も効果的なの?どういうこと?

スポンサーリンク

膿栓を上手に取るには嗚咽も効果的なの?どういうこと?

 

皆さんは、「嗚咽」(おえつ)と聞いたら、どんなイメージを持つでしょうか?例えば、「嗚咽をもらす」などのように、誰かが泣いていると考える人が多いかもしれません。しかし、嗚咽はこれだけを表現する言葉ではありません。

 

時々、歯磨きをしていて、喉の奥までブラシを入れすぎた経験はありませんか?何か考え事をしながら、歯磨きしているとおこりやすくなるでしょう。気持ちが悪くなり、洗面台に向かって、逆流したものを吐き出すことがあります。これも、「嗚咽」と言うのです。

 

【膿栓を取るには嗚咽が有効?】
あまり大きな声では言えないかもしれませんが、口臭に悩んでいる人もいるでしょう。臭いはなんとかしたいけど、それこそ歯磨きで嗚咽するのは避けたいかもしれません。その結果、激しく歯磨きしなくて口内環境がますます悪化することもあるのです。

 

■口臭の原因が膿栓かも
普段は気が付かなくても、喉の奥には膿栓という、口の中の細菌の塊があるのです。個人差があり、その量はそれぞれですが、大きさや数で口臭の度合いにも影響します。この膿栓が原因で、口臭がずっと続いているのかもしれないのです。

スポンサーリンク

■あえて嗚咽してみる
膿栓は、喉の奥に強く留まっていることがあります。この場合には、少し強めに喉を刺激しなくては取れないのです。しかし、道具を使って刺激すると、デリケートな粘膜を傷つけてしまう可能性があります。安全なのは、一種の生理現象に頼ることです。

 

具体的には次のような生理現象です。場合によっては、防衛反応とも言えるでしょう。
・痰を出す
・くしゃみ
・嗚咽

 

膿栓を取る時には、こっそり家の中でやるので、恥ずかしがることはありません。思い切って、出すための行動だと割り切りましょう。

 

口臭が膿栓が原因で起きていることが分かれば、うまく取ることで臭いは防止できます。いろいろな取り方が紹介されています。しかし、小さな道具を喉に近づけると、傷つける可能性もあるのです。

 

自然に起きる反応で、取れれば安全で確実です。その一つに嗚咽があります。歯磨きで嗚咽を感じたら、我慢しないで膿栓を取るチャンスだと考えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

関連ページ

膿栓を取りたいけど嗚咽が辛い、繰り返す膿栓を予防するには
膿栓の原因と症状と対策法についてです。