膿栓 場所 喉の奥

膿栓が出来てしまう場所は喉の奥の扁桃腺だった

スポンサーリンク

膿栓が出来てしまう場所は喉の奥の扁桃腺だった

 

【口臭の原因は膿栓】
意外に多くの方が、密かに悩んでいる病気の症状の一つが「膿栓」です。膿栓になってしまうと、酷い口臭に悩まされてしまいます。

 

 膿栓の正体は、身体の外から侵入してきた細菌などの死骸や食べ物のカスなどです。他にも、古い粘膜や鼻から吸い込まれたゴミやホコリも混じっています。そのような成分で構成されているため、潰したりすると酷い悪臭を放つのです。

 

【膿栓の出来る場所】
 それでは一体、膿栓は、身体の、どの場所に出来るのでしょうか。その答えは、喉の奥にある扁桃腺と呼ばれる部分です。

 

喉が傷みやすくイガイガするという方は慢性扁桃炎が疑われます。他の方に比べて、大きな膿栓が出来やすいでしょう。

 

膿栓そのものは、身体にとって害を与えるわけではありません。しかし、放置しておくと喉の奥に違和感を覚えたりするでしょう。臭いの原因にもなりますので、口臭も気になるはずです。

 

膿栓は、大きく口を開けた時や咳、くしゃみの時に飛び出すこともあります。多くの方は、自然に体外へ排出されるのです。

 

【喉の奥を清潔にしよう】
喉の奥は、食べ物や飲水、呼吸が通る場所になります。一緒に入り込んでくる有害な細菌やウィルスに対応するために、扁桃腺が働くのです。その結果、身体を病気などから守っています。

スポンサーリンク

【口蓋扁桃に膿栓の元が溜まる】
 扁桃腺の中でも膿栓に深く関わっているのが口蓋扁桃です。その表面に無数の陰窩(いんか)と呼ばれる、小さな穴があります。陰窩の穴にある細菌やウィルスといった病原菌を、リンパ液で退治するのです。そして、後に残った菌の死骸などが膿栓になります。

 

膿栓は厳密には病気とは言えません。健康な方でも、普通に喉の奥に膿栓を持っている場合が多いからです。

 

【膿栓の対処法】
 しかし、膿栓で悩んでいる方であれば、何とか取り除きたいと苦戦されるでしょう。残念ながら、一度膿栓を取り除いたとしても時間が経てば再び膿栓は出来ます。そして、自分の手で膿栓を取り除くことは様々なリスクを伴います。

 

どうしても膿栓を取り除きたい場合は耳鼻咽喉科に相談しましょう。場合によっては、器具などで取り除いてもらえるかもしれません。もちろん、医師が取り除いた場合でも、しばらくすれば膿栓はまた出来てしまいます。

 

膿栓を予防するためには、適度なうがいが効果的です。喉の奥の場所を意識して、しっかり、うがいしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓のできる場所はここ!気になるなら耳鼻科での検査しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所とは
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所は喉の奥です
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓は表からはよく見えない場所に潜んで猛威を奮う臭いの原因!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
臭いが気になる膿栓は見えないことも多々あります
膿栓の原因と症状と対策法についてです。