膿栓 できる 場所

膿栓ができる場所とは

スポンサーリンク

膿栓とは、細菌の死骸や食べカスが塊となったものであり肉眼でも確認する事が出来ます。
これが発生する場所は扁桃腺にあるくぼみの部分で、大きく口を開けた際に喉の奥の中央にのどちんこが垂れ下がっていますが、その左右にある柔らかい膨らみです。
この扁桃腺には幾つかのくぼみがありそこに細菌や食べカスが溜まる事で膿栓ができるのです。
くしゃみや咳をした際に口から飛び出してくる場合もあり指で潰すと強い悪臭を放つのが特徴です。
そして一度取れても繰り返し発生しますが、体に害を与える事は無く耳垢と同じ様なものだと考えても良いでしょう。
そしてこの膿栓は出来やすい人、出来にくい人に分かれます。
扁桃腺が腫れやすい人、口呼吸、ドライマウスの人は繰り返し発生しやすくなるようです。

スポンサーリンク

 

 

膿栓は別名くさい玉とも呼ばれ強い悪臭がありますので口臭の原因にもなります。
そして肉眼でも確認する事ができるので綿棒等を使用して自分で取る方もいます。
しかし扁桃腺を傷つけてしまう可能性もありますから自分で除去するのは危険です。
自身で安全に除去する方法としてうがいを行うのも効果的ですが、扁桃腺のくぼみにしっかりと付着している場合にはうがいを行うだけでは中々取れない事も多いようです。
扁桃腺はとても柔らかく傷つきやすい場所でもありますからどうしても気になる場合には耳鼻咽喉科への受診が必要です。
そしてこれを除去する事で強い口臭が改善されるケースが多く、歯や歯茎に何の問題が無いにも関わらず口臭がきつい場合には膿栓が原因かもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓のできる場所はここ!気になるなら耳鼻科での検査しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所は喉の奥です
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓は表からはよく見えない場所に潜んで猛威を奮う臭いの原因!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
臭いが気になる膿栓は見えないことも多々あります
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来てしまう場所は喉の奥の扁桃腺だった
膿栓の原因と症状と対策法についてです。