膿栓 悩み 1日 解消方法

膿栓の悩みをたった1日でスッキリ解消する方法

スポンサーリンク

膿栓の悩みをたった1日でスッキリ解消する方法

 

【悩ましい膿栓の臭い】
膿栓というものを、ご存知でしょうか。口の中に出来る潰すと悪臭を放つ物質です。別名を、臭い玉とも呼ばれている、小さな乳白状の塊になります。

 

時折、口の中から微細な塊が飛び出した経験があるかもしれません。実は、その塊の正体が、膿栓です。あまりにも酷い臭いを出すのが特徴です。放置しておくと口臭の原因になるのではないのかと、心配になるでしょう。

 

多くの方が、口の中に膿栓を見つけた場合、取り除こうと努力されます。もちろん、膿栓を取り除けば、一時的にスッキリできるでしょう。しかし、一旦、膿栓を取り除いたとしても、根本的な問題の解決にはなりません。

 

【膿栓が出来る仕組み】
それは、膿栓が出来る理由に問題があるからです。喉には、呼吸する際に空気やホコリに紛れて雑菌やウィルスが侵入します。それらのような異物を退治するために、扁桃からネバネバする免疫物質が、分泌されるのです。その時に生じた菌の死骸や免疫物質が、陰窩(いんか)と呼ばれる扁桃の穴に蓄積されて行きます。やがて、食べ物のカスなども混ざり、悪臭の原因となる塊となってしまうのです。

スポンサーリンク
 

健康的な方でも、普通に口内に膿栓は出来るとされています。しかし、多くの場合、唾液や食べ物と一緒に胃へと送られてしまうのです。

 

膿栓が出来やすい方の特徴として、ドライマウスが多いことが挙げられます。また、口で呼吸している方も少なくないでしょう。そうなると、なかなか、口内の膿栓を洗い流せません。膿栓が溜まった状態が続くと、何度でも膿栓が出来やすくなるのです。

 

【1日で膿栓をスッキリさせるには】
耳鼻咽喉科などで、膿栓を取ってもらうことも、もちろん、できるでしょう。残念ながら、専門家に除去してもらっても、状況は大きく変わりません。1日もすれば、新たな膿栓が出来てしまいます。それでは、一体、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

まずは、膿栓が出来ないように予防することが大事になります。そのためには、適度なうがいが非常に効果的です。

 

特に、有効なのが、アルカリイオン水で、うがいをすることになります。瞬く間に、口の中をスッキリさせることが、できるでしょう。たった1日で、十分な効果が実感できるはずです。

 

ただし、うがいによって、しばらく普段より口の中の膿栓が多く出る場合もあります。膿栓が多く出るのは、免疫機能が順調に働いているという証拠です。そのまま続ければ、膿栓も気にならないようになります。安心して、うがいを続けて膿栓の予防を心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加