膿栓 できる理由 臭い理由 対策

膿栓ができる理由と臭い理由を理解して清潔さを保つ対策をしよう

スポンサーリンク

膿栓ができる理由と臭い理由を理解して清潔さを保つ対策をしよう

 

突然ですが、「膿栓」と聞いてすぐに何の事だかわかりますか?文字からイメージすると、なんとなく不潔な印象を覚える人もいるでしょう。かかわらなくて済むのなら、それがベストと考えるかもしれません。

 

【誰の喉にも存在する膿栓】
実は、膿栓は免疫力が正常に備わっている人には必ずあるものなのです。普段は意識もしないし、微細で目視はできなくても、空気中には無数の有害物質が浮遊しています。ではなぜ、呼吸を繰り返して生きている人間は、健康を保つできるのでしょうか?

 

それは、生命を維持するための防衛能力として、免疫力がついていくためなのです。人間の体は、どんなにいつも気にかけていても、万全ではないことがありますよね?しかし、安静にすればある程度の自然治癒力でいつの間にか、体調が回復することがほとんどです。

 

【膿栓とは何なのか】
ここで、話を膿栓に戻し、そもそも膿栓とは何かを説明しましょう。乾燥した空気を吸って咳き込んだり、鼻がむずむずしてくしゃみをすることがあります。このとき、肉眼では見にくくても体内に入り込もうとしていた細菌などを自然に追い出すのです。そして、この追い出したものの中に、膿栓が含まれていることがあります。

スポンサーリンク
 

【なぜできるの?臭いのには理由があるの?】
膿栓は、自らの健康が脅かされそうになった時に、免疫力が働いた証拠なのです。有害なものが、喉の奥に侵入するのを食い止める最後の砦とも言えます。

 

侵入を試みた細菌に、免疫力が勝利すると細菌の屍が喉に留まるのです。さらに、毎日のエネルギー補給に人間が規則正しく食事をとります。すると、歯に詰まることや飲み込み切れないことがあるのです。
これらの、口の中の汚れる原因の塊が膿栓なのです。いわば、口の中にたまる老廃物のようなものになります。そのため、飛び出してきたときに誤って手でつぶすと、とても臭いというわけです。
あまりの臭い経験に、病気ではないかと思う人もいますが、これは生活の排せつ物の一種です。けっして病気ではないので、心配には及びません。

 

このように、膿栓のできる理由や臭い理由を理解できれば、不快さも薄らぐでしょう。生きていれば誰にでもあるものだと、自分の免疫力をほめてあげてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

臭い膿栓の成分と対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓のできる理由と臭い理由について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の酷い臭いの原因となる3大成分をご紹介
膿栓の原因と症状と対策法についてです。