膿栓薬 治療薬 市販薬 漢方

膿栓薬として有効な治療薬のおススメは市販薬として購入しやすい漢方

スポンサーリンク

膿栓薬として有効な治療薬のおススメは市販薬として購入しやすい漢方

 

【長引く口臭の元凶は膿栓?】
エチケットとして、しっかりと歯磨きはしているのに、口臭に悩んでいる人がいます。なんとかしたくて、内科や耳鼻科を受診したこともあるでしょう。そして、初めて膿栓が原因だと分かる場合があります。

 

しかし、膿栓は口内の洗浄不足がほとんどですから、病気とは異なります。そのため、深刻な状態でないと治療をすすめない病院もあるのです。処置してくれても、吸引が多いので治療薬を処方されることは少ないでしょう。

 

そのうえ、膿栓を改善するための膿栓薬というものは、現在のところありません。とりあえず、医師の多くが指導するうがいをするために、市販薬を購入することでしょう。声を出しながら、意識してうがいをしても本当にうまくやれているのかと、不安を感じることもあります。

 

【市販薬のおススメは漢方】
なんとか、口内環境を整えるために治療薬を探したくなる人が少なくないのです。そんな人におすすめなのは、漢方薬での対策です。

 

東洋医学を極めた漢方医は、膿栓のことを「咽喉白腐」(いんこうはくふ)と呼んでいます。つまり、咽喉から白くて腐ったような塊が出てくるためです。

 

いくつか原因があるとされています。その中でも、膿栓に悩みことの多い若い世代の多くは「内臓に蓄積された熱」が原因です。これをリセットできないので、喉にも炎症が広がっていると考えられています。

スポンサーリンク
 

【喉の炎症を抑えるのに効果的な漢方】
今回は、喉の炎症を抑える効果が期待できる漢方である「銀翹散」(ぎんしょうさん)を紹介しましょう。

 

■どんな症状に作用する
・急な喉の腫れ
・はしか
・インフルエンザ
・微熱が気になる風邪

 

■主な効能
・解熱
・発汗作用
・抗炎症

 

この作用で、喉の炎症を抑える効果が期待できます。炎症が治まると膿栓が自然に出やすくなるのです。

 

この効果のおかげで、膿栓薬としての作用が期待できるのです。

 

口臭を引き起こす膿栓は、現在ははっきりとした治療薬はありません。そのため、銀翹散のような漢方が手に入れやすい市販薬として重宝されているのです

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓薬として使われる治療薬や除去薬、市販薬について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。