膿栓の原因の1つに疲れがあげられます

スポンサーリンク

膿栓とは、くしゃみや咳をしたときに喉の奥から飛び出してくる膿の塊のことをいいます。
扁桃結石とも呼ばれ、色は乳白色で大きさは人により異なります。
扁桃腺のくぼみにできやすく、塊をつぶしてしまうと強い悪臭を放ちます。
原因としてストレスのほか、疲れ・喫煙などがあげられます。
普段から口呼吸をしている人、喘息を持っている人も罹りやすいです。
症状が軽い場合は自覚することがないものの、放置しておくと重い病気につながることがあるため注意が必要です。
膿栓が疑われる場合には、耳鼻科のある医療機関にて受診をします。
簡単に取ることが難しいことから、医師の手で除去してもらうことが望ましいです。
治療法として、塊の吸引と陰かの除去が行われます。

スポンサーリンク

 

 

塊の吸引や陰かの除去のほかに、扁桃凝固術治療が実施されることもあります。
この治療は日帰りで行えるほか、喉の違和感が少なく済みます。
膿栓の蓄積を抑えるため、1日3回歯を磨いたりうがいをすることも効果があります。
うがいは、お茶や殺菌作用のある液体を使用すると良いです。
歯は時間をかけて丁寧に磨くよう心掛けます。
予防法としては、口呼吸をしないことが大事です。
口を中心とした呼吸から鼻で呼吸するよう徐々に努力していくことが膿栓を防ぐことにつながります。
疲れも原因の1つとされていることから、ストレスを溜めず休養をきちんと取るようにします。
乾燥時にできやすいことから、外出を控えたり外出する際はマスクは着用したいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓の原因はストレスから
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓のできる原因の背景にはストレスが隠れている!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来やすい原因は身体の悲鳴?疲れ?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。