膿栓とは何か、除去する方法は

スポンサーリンク

膿栓とは喉の奥にできる直径1〜5mm程度の固形物のことです。
一見するとナッツ類のかけらのような形状をしています。
色は乳白色か薄い黄色、黄緑色をしているのが一般的です。
硬さはまちまちで、石化したものは特に扁桃結石と呼ぶこともあります。
この固形物ができるのは、喉の奥にある扁桃の近くです。
扁桃は細菌やウイルスなどが口から体内に侵入するのを防ぐ役割を担っていますが、扁桃の表面には無数の小さな穴が開いています。
この穴に細菌の死骸や食べ物のカス、リンパ球などが入り込み、固まってできたのが膿栓です。
つまりでき方に個人差はあるものの誰にでもできる可能性があるものであり、ヒトとして普通の生理現象の1つであると言えます。

スポンサーリンク

 

 

先にも述べた通り膿栓は決して病気などではなく、放っておいても身体に害をもたらすものではありません。
ただ、時折強いくしゃみなどをすると口から飛び出してしまい、人前で気まずい思いをしたりすることがあります。
また、この物体は「臭い玉」という俗称を持っており、そのことからも分かる通りかなり強い臭気を持っています。
そのため、口腔内を清潔に保っているにも関わらず口臭が消えない場合は、膿栓が原因になっている可能性があります。
膿栓を除去する方法としては、うがいを繰り返すというやり方があります。
また、綿棒やピンセットを使って取り除くという方法もあります。
ただし後者の場合は自分でやると扁桃を傷めてしまうおそれがあるので、歯科医院で除去してもらうようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓除去にかかる費用について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を病院で除去するためにかかる費用はいくら?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓を除去するために覚えておきたい方法を紹介
膿栓の原因と症状と対策法についてです。