膿栓を放置しても喉には問題なしです

スポンサーリンク

 扁桃腺のくぼみに、白や黄色の塊を見つけたことはないでしょうか。
知らないと何だか不気味に感じることもあるでしょうし、喉などに何らかの悪影響が出るのではと心配になるかと思います。
ですが、これは膿栓と言って、免疫物質が細菌やウィルスと戦い、死骸となって固まったものなのです。
そのため、膿栓を放置していても、喉どころか身体にも悪影響を及ぼすことはあまりなく、早急に何とかしなければならないというものでもないのです。
ただ、気をつけておきたいのは、膿栓に触れたことのある人なら知っているでしょうが、とてもではありませんが、我慢のできる臭いではなく、それが口内にとどまっていると、口臭などにも影響してしまうので、どうにかしたいと考える人も少なくないようです。

スポンサーリンク
 

 

 

放置したままでは気持ちが悪いので、指で取ろうとしたり、綿棒や爪楊枝などで突いたりする人もいるようですが、これは危険なのでやらないようにしておきたいものです。
病院に行けば除去してもらえることもあるようですが、むしろ膿栓を取り除くための努力よりも、できないようにする方が賢明です。
先にも述べましたが、細菌やウィルスによるところもありますが、実は舌や歯の汚れが原因となっている場合も非常に多いのです。
丁寧にブラッシングすることと、舌の白くなっている部分を、専用のブラシで軽くこするようにしておくと良いです。
それでもホコリなどが張り付いて膿栓ができてしまうこともありますから、そんな時は無理に取るのではなく、うがいをするようにしておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を放置しておかずに喉のメンテナンスをしよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。