膿栓 嗚咽

膿栓を取りたいけど嗚咽が辛い、繰り返す膿栓を予防するには

スポンサーリンク

 喉の奥から白い塊が出てくる、それば扁桃腺で作られた膿栓です。
別名臭い玉とも呼ばれ、特有な臭いを伴い口臭の原因となります。
喉の奥の扁桃腺には陰窩という窪みがあり、ウィルスなどの異物侵入を防ぐ働きをしています。
陰窩に細菌やウィルスの死骸、食べかすなどが溜まると腐敗して、特有のにおいを発する膿栓となります。
これは特に異常というわけではなく、実害はありません。
誰でも扁桃腺や咽喉の機能は同じであり、できやすさは個人差によります。
普通は唾液や飲食で喉の奥に流されていきますが、唾液が少なくドライマウスの場合はそのまま残ってしまいます。
また、口呼吸の場合も口が乾燥するため、膿栓が塊になって残る傾向にあります。

スポンサーリンク
 

 

 

膿栓は咳やくしゃみで自然と出てきますが、どうしても気になる場合は耳鼻咽喉科で除去してもらえます。
吸引器で取り除くか、舌圧子で扁桃腺を押さえて取り除きます。
しかし、嗚咽しやすい人には辛い上に、取り除いてもまた自然とできてしまいます。
自然の生体反応であり特に病気というわけではないため、お医者さんも除去にはあまり積極的ではないようです。
だからと言って、自分で取るのはとても危険です。
インターネット上では、綿棒やシャワーの水圧などで取り除く方法が紹介されています。
しかし、喉に触れたり圧力がかかるため嗚咽することがあり、喉を傷付ける危険性もあります。
取り除くよりも、根本原因の改善に努めることが賢明です。
対策として挙げられるのは、うがい薬で喉の奥を清潔に保つことです。
食べかすの付着予防のために、しっかり歯磨きをすることも予防になります。
また、ドライマウスや口呼吸の対策を取ることも効果的と言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓を上手に取るには嗚咽も効果的なの?どういうこと?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。