膿栓 場所 喉の奥

膿栓ができる場所は喉の奥です

スポンサーリンク

 膿栓とは扁桃のあたりにできる白い塊のことで、別名におい玉とも言われています。
くしゃみやせきをした時にその勢いで喉の奥から出てくることがあります。
潰すととても臭いのであまり良いイメージは持たれていません。
膿栓ができる場所は厳密に言うと喉の奥にある扁桃にできる窪みです。
その扁桃の窪みに白くカスのように溜まっていき、塊となります。
誰にでもできる物ですが、膿栓が沢山できる人とできにくい人がいます。
また嫌われ者の膿栓ですが、大切な役割も果たしています。
体内にばい菌や雑菌が入るのを防いでくれる働きがあることがわかっています。
そして防ぐだけでなくその菌を殺してくれる作用もあるのです。
人によってにおい玉を意識できる人とできにくい人がいます。

スポンサーリンク
 

 

 

におい玉を意識しなくても誰にでもあるものですが、におい玉をなるべく溜め込まないようにすることはできます。
それは口の中を清潔に保つことです。
歯磨きをこまめにして、うがいをすることも効果的です。
そして歯磨きもできるだけ丁寧に歯茎の内側を磨くことが良いとされています。
におい玉防止がこまめな歯磨きでできるのなら、口腔内の清潔も保つことができて一石二鳥です。
また注意しなければいけないのは、膿栓が嫌だからと言って無理に自分で取ろうとしないことです。
どうしても気になって取り除きたい場合は、耳鼻咽喉科へ行って取ってもらうようにしなければいけません。
自分で取り除こうとするとできている場所が場所だけに炎症を起こしかねないので、自分で取るのは控えた方が無難です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓のできる場所はここ!気になるなら耳鼻科での検査しよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる場所とは
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓は表からはよく見えない場所に潜んで猛威を奮う臭いの原因!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
臭いが気になる膿栓は見えないことも多々あります
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が出来てしまう場所は喉の奥の扁桃腺だった
膿栓の原因と症状と対策法についてです。