膿栓 臭い 成分

臭い膿栓の成分と対策

スポンサーリンク

うがいをしたり咳をしたりした後に、のどから白っぽい塊が出てくることがあります。
そしてその塊を指でつぶすと強烈な臭いがします。
この白っぽい塊のことを「膿栓」と呼びます。
別名では「臭い玉」なんて呼ばれることもあります。
こちらの方が一般的かもしれません。
のどの奥には扁桃腺という器官があります。
この扁桃腺は外から侵入する細菌やウイルスなどを殺す働きを持っています。
扁桃腺には多くの穴が開いていて、この穴に膿栓が出来るのです。
そして咳などをした際に、その衝撃で体外に排出されたりするのです。
では、この塊はどんな成分によって出来ているのでしょうか。
主な成分としては体内の細胞の死骸や体内に侵入した細菌の死骸、さらに食品のカスなどです。
これらが溜まったところに、口の中にいる細菌が繁殖したりして臭いを出します。

スポンサーリンク
 

膿栓は個人差があって頻繁に出来る人もいれば、まったくできた経験のないような人もいます。
ただ扁桃腺は誰にでも存在する器官ですから、出来る可能性は誰にでもあります。
予防するには、歯磨きやうがいをして口の中を清潔にするのが効果的です。
膿栓は出来てしまったら自然にとれるまで放っておくことを医療機関では推奨しています。
そもそも膿栓自体が臭いを放つ以外に人体に悪影響は無く、扁桃腺の奥に出来るため無理に取ろうとすると、のどの粘膜を傷つけてしまったり場合によっては炎症を起こしてしまう恐れがあるためです。
ただし、のどにざらざらとした違和感を感じる場合もあり、さらに口臭の原因になる場合もあるため、気になるようであれば耳鼻咽喉科を受診して取り除いてもらうことも出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓のできる理由と臭い理由について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の酷い臭いの原因となる3大成分をご紹介
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる理由と臭い理由を理解して清潔さを保つ対策をしよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。