膿栓 できる理由 臭い理由

膿栓のできる理由と臭い理由について

スポンサーリンク

膿栓とは、喉の奥にある小さいくぼみに食べ物や細菌の死骸などが溜まり固まったものです。
色は乳白色で、大きさは様々です。
できる理由は喉の奥、扁桃腺は平らではなく小さい穴があいていているので、そこに溜まるのです。
出来にくい人もいますが、一般的には口呼吸する人で口の中が乾いていたり、扁桃腺が腫れやすい人、若年者ができやすいと言われています。
病気ではありませんので、それほど気にする必要はないのですが、なぜこんなに気になってしまうかと言うと、この膿栓が口臭の原因になってしまう程臭いからなのです。
この膿栓は臭いことで有名ですが、なぜここまで臭うのでしょうか。
臭い理由は膿栓ができる理由と過程に関係しているのです。

スポンサーリンク
 

 

 

喉の奥の左右にある扁桃腺は、免疫システムに関与しています。
口から粘膜の中に入ってきた細菌やウイルスをやっつけ、体の中に入って来ないように防御しているのです。
すなわちこのかたまりは細菌や先ほど述べた食べカスの集まりですので、臭い理由はここにあり、臭くても無理がありません。
しかしこれは、人間の免疫システムのなせる技ですから、正常なことなのです。
もし、歯周病などがないのに口臭で悩んでいらっしゃるかたがいたら、実はこの膿栓が原因だったということもあるそうです。
予防法としてはうがいをする、歯をしっかりと磨き、食べカスを増やさないことがあげられます。
自力でとろうとすると喉を傷つけてしまう恐れがあるため、耳鼻咽喉科への受診が望ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

臭い膿栓の成分と対策
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の酷い臭いの原因となる3大成分をご紹介
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓ができる理由と臭い理由を理解して清潔さを保つ対策をしよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。