膿栓 わからない

理由がわからない口臭は膿栓が原因かもしれません

スポンサーリンク

口臭の原因としては食事の内容だったり歯周病によるものだったり人それぞれです。
原因がわかれば食事の内容を変えたり歯磨きなどの対策もできるかと思います。
しかし歯周病などの特定の原因がないにもかかわらず口臭が気になるが原因がわからないというときには対策の打ちようがありません。
そんなときは膿栓を疑ってみる必要があります。
膿栓とは扁桃腺の表面にある小さな穴に食べかす、口内の分泌物、老廃物、細菌などさまざまなものがつまって栓をしてしまうもので、おおよそ3-5ミリ程度の固まりになることがあります。
膿栓自体は誰にでもできるもので人体への悪影響もありませんが、つぶすと悪臭がするもので、人と話すときや公共の場でにおいが気になるのはいいものではありません。

スポンサーリンク
 

 

 

膿栓を予防するには緑茶や紅茶などでうがいをする、歯をしっかり磨いて食べかすを除去するなど基本的には歯周病予防の延長としてできるものなので日ごろから少し意識していれば大丈夫です。
また、たとえできてもせきやくしゃみと一緒に排出されたり自分の舌を使ってとることも出来るため人によってはわからないうちに取れていることもあるようです。
無理に取ろうとすると扁桃や粘膜を傷つける恐れもあるので耳鼻咽喉科で取ってもらうのが安全でしょう。
また扁桃腺を切除することでまったく出来なくなるというデータもあります。
やはり日ごろから歯のメンテナンスを心がけることで歯周病を予防し歯科に定期的に口腔内を診てもらう習慣をつけることで一緒に確認するのが最良の予防法といえるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓が口臭の原因?ケアの方法がわからない人へ
膿栓の原因と症状と対策法についてです。