膿栓 よく出る 原因 対策

膿栓がよく出る人のための原因と対策について

スポンサーリンク

「膿栓」というものをご存知でしょうか。
膿栓とはいわゆる「臭い玉」と呼ばれるもので、喉の奥の方にある小さな穴上の凹みに溜まる歯垢や食べかすの塊と言われているものです。
くしゃみをした際、また大きく口を開けた際に喉の奥からポロっと何かが飛び出してきたという経験がある方も多いと思いますが、それが膿栓です。
つぶすと大変嫌な臭いを放つもので、これが口内で成長してしまうと口臭の原因になります。
そのため、これがよく出るという人の多くは、口臭が気になってしまうようです。
しかも、自分で簡単に取る事の出来るものではないので、膿栓対策として一番良い方法は何よりも予防が重要になってきます。
無理に自分で取ろうとすると扁桃腺を傷つけてしまう恐れがあるので、除去したい場合は耳鼻咽喉科で処置してもらうのが安全です。

スポンサーリンク
 

 

膿栓がよく出る人は、簡単に出来る対策として「うがい」があります。
薬用のうがい薬を使用するとより効果的で、なるべく喉の奥までしっかりとうがいをすると良いよいです。
また、お風呂に入った際に、シャワーで喉の奥を洗うようにすることも効果的です。
これらの方法は喉の奥を洗浄することによって、原因となる汚れを落とし予防するという対策方法です。
また、下の歯茎の内側である下あごの凹みを出来るだけ喉の奥の方まで柔らかいブラシで磨くことも効果的な予防となります。
舌と喉の間あたりには汚れや食べかすなどが溜まりやすいです。
なので、それらを除去してあげることによって、「臭い玉」の原因を除去することとなります。
どちらもさほど難しい方法ではないので、一度試してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膿栓が大きい原因と対策について
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓が大きいと困ります!原因と対策を考えよう
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓がよく出るのはなぜ!?原因と対策を解説します!
膿栓の原因と症状と対策法についてです。