膿栓 取り方 シャワー

シャワーでの膿栓の取り方

スポンサーリンク

扁桃腺近くの粘膜の小さな穴部分に膿栓という白っぽいものができてしまうと、口臭を発してしまいます。
別名臭い玉とも言われていて、口から出てきたものを潰すと強烈な臭いがあります。
膿栓は白血球や細菌などの死骸がたまったもので、体に侵入してきた細菌と白血球が戦った後のものです。
つまり、細菌やウィルスが口から侵入するとできやすいですから、のどの痛みのある風邪やインフルエンザ、扁桃腺の腫れなどを起こしている場合にできやすくなります。
また、体質によってもできやすい人と全くできない人がいて、風邪を引きやすい方や扁桃腺が腫れやすい方、虫歯や歯周病などがある方ができやすいです。
口臭の原因にもなりますから、正しい方法で取り除くようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

膿栓の取り方には綿棒を使った方法や耳かきでかき出す方法などがありますが、のどの粘膜などを傷つけてしまう恐れがあり、大きな病気の原因にもなりますから止めておくのが無難です。
手軽で安全な取り方にはシャワーを使った方法があります。
お風呂に入った時にいつもよりややシャワーの水圧を高めにして、のどの奥に当てるようにして洗い流すようにします。
この時、のどの奥にシャワーが当たりやすくするためにも、アーっと大きな口を開け行うのが良いでしょう。
シャワーの水圧で膿栓を飛ばすことができて、水ですからのどを痛める心配もありません。
ただし、注意点としては気管にシャワーの水が入らないように注意して、最初は低めの水圧から行うのが無難です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

臭い膿栓の取り方は?シャワーは効果的なのでしょうか?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の安全な取り方と出し方のコツについて
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の取り方は綿棒が良いって本当?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
膿栓の除去に役立つのがデンタルシリンジです
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
デンタルシリンジで気になる膿栓を安全に除去できる?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
綿棒を使った膿栓の取り方
膿栓の原因と症状と対策法についてです。
デンタルシリンジで膿栓を除去 膿栓 取り方 コツ 出し方 綿棒
膿栓の原因と症状と対策法についてです。