扁桃腺炎 膿栓 原因 取り方

扁桃腺炎で出来る膿栓の原因とその取り方

スポンサーリンク

扁桃腺炎とは、その名の通り扁桃腺が腫れて 炎症を起こしてしまう病気です。
免疫力の高い扁桃腺ですが、体調が悪い時などはウイルスに侵されやすくなっています。
扁桃腺炎にかかると、膿栓と呼ばれる白い物質が出来ることがあります。
この膿栓を潰すと大変臭く、これが原因で口臭が発生することもあり、別名「臭い玉」と呼ばれています。
膿栓は、細菌の死骸や食べ物の塊で、一般的には健康状態の時にも出来ますが、扁桃腺炎にかかると細菌の量が特に増え、より出来やすくなります。
では扁桃腺炎を防ぐためにはどうしたら良いでしょうか?それは、生活習慣を改善することが一番効果的です。
十分な睡眠、栄養の高い食事やストレスに気をつけて生活することで体調を管理しましょう。
万全の体調でいれば、ウイルスに感染する可能性が低くなります。

スポンサーリンク

 

 

膿栓を扁桃腺から取り除く方法について話します。
よく、自分で口の中に手を入れる取り方が紹介されていますが、喉の奥にあるものを自分で取ることはあまりお勧めしません。
口内を傷つけてしまったり、口臭が酷くなる原因にもなり得ます。
そこで、膿栓取り方を考えるのではなく、出来なくする方法を考えましょう。
一般的に、口の中に多くの細菌がある人は、ドライマウスや口呼吸の人が多いとされています。
つまり、口内をできるだけ潤すことでこれらが改善されます。
具体的には唾液をたくさん出したり、水を飲むことが効果的です。
唾液を分泌するために、ガムを噛むことも良いでしょう。
また、お金に余裕があるなら耳鼻咽喉科に診てもらうことも良いかと思います。
ただし、健康状態でも口内に細菌はいるので、ケースによっては診てもらえないこともあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

扁桃腺炎は膿栓の原因に?取り方はどうしたら?
膿栓の原因と症状と対策法についてです。